ツボミの連載物語 『 うさぎ 』 日記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一章、大津波をのり越えて

1993年7月12日・・・離別

 私は 宇佐美 夏帆、5才。

 当時、奥尻島に住んでいた私達家族三人を 大きな災難が襲いました。

 それが、北海道南西沖地震です。

 家中がギシギシ音を立てながら揺れて、壁が崩れ落ち、タンスが倒れ、あらゆる物が上から落ちてきたの。

 転がり落ちたデジタル式の目覚まし時計は、
22時17分を表示したままで、止まっていたわ。

 地震の直後、父から
「津波が来る前に貴重品を持って逃げるから お前たちは先に行け」
との指示があり、母と私は津波警報のサイレンが鳴り響く暗い夜道を 
足元ばかりを見て高台へと 急いでいました。

 ところが震源があまりにも近かった為なのか、
津波の到達時間は予想以上に早く
 私たち親子は逃げる途中で突然、巨大な横波を受けて
忽ちのうちに、ぐるぐると回りながら海の中へと沈んだわ。

 それはもう苦しくて、辛くて
濁った海水をしこたま飲み込んだせいで
 喉が焼けるように痛かった。

 そして最後の力を振り絞り、全力で腕や足を動かして
無我夢中で海面に顔を出した途端に、
 目の前に大きな大黒柱が現れたの。

 必死でしがみ付き身を乗り出すと、
闇の中に吸い込まれるみたいに 遠くへ離れていく母の顔が見えた。

 その顔はとても穏やかで、まるで
「私の事は心配しないで、あなたは強く生きなさい。」
とでも言う様な温かい笑顔だったわ。

 私が叫ぼうとすると泥だらけの波が容赦なく耳や口や鼻を塞いだの。

 今、思い起こして考えてみると目の前に出てきた大黒柱は母が使っていたもので、
私の方に押し出した反動で母は沖に流され、私は陸に近づいた。

 そんな気がするの。

 あの笑顔は、切なる願いを込め押し出した柱に娘が無事に取り付いた事を確認し、
あふれ出る喜びに思わず微笑みが漏れてしまい そして安堵した、そんな母の顔であった。

 そう、思えるの。

 あたかもイス取りゲ-ムで1つしかない生へのイスを娘に譲り、
自らは暗い死の淵へといざなう悪魔の様な
 漆黒の濁流に身を委ねた、母の人生。

 母は、いつもそうだったわ。

漁師で粗暴であった 父につくし、身を削って 私を育ててくれた。

スポンサーサイト

1993年7月12日・・離別②

 (ひとりっ子の夏帆は、とても甘えん坊で 母親から10m以上の距離を置いたことが無い。 

 母がトイレに入っても、扉の前で ひとり遊びをして 待っている。

 寝る時はいつも 添い寝する母の左腕に 縋り付くのが癖で、時には 母親の耳を掴んでいないと 眠れないと云う事もあった。

 母が消えてしまうのが、怖いのである。

 朝、目を覚まし 隣に母が居ない事に気付くと 部屋中はおろか 海沿いの船付き場まで、大声で捜しまわり 見付けると満面の笑みを浮かべ 抱きついてきて離れない。

 もしかしたら 夏帆は、この時すでに 感じ取っていたのかもしれない。

 幼い夏帆に与えられた 母と過ごせる、ひと時には限りがあり それは、残り僅かであると云う 運命を。)

 その後、二つ目の大きな波がやってきて
完全に離ればなれになり、陸に近づいた私は
 救助に来てくれた船に引き上げられて助かったそうです。

 そうですと云うのは、まったく憶えてないんです。

 5才の記憶にあるのは、最後の母の顔ばかり。

 (この津波は奥尻島の西側程大きく、最大で30mの高さにまで達していたが、
島の東側に住んでいた夏帆と母親を襲った津波は、高さ3.5m程のものであった。

 だが、海面の下は流れが複雑でいたる所で渦を巻いており
夏帆の母親もこの渦に捉まり抜け出す事が出来なかったのである。

 その上、波の進行速度が速く時速30Kmで島を南下し、
やがて西側から回り込んで来た大きな波に遭遇すると高さを増し、
 第2波となって島の南端の青苗地区を襲ったのであった。)

 私の父も津波の音を聞くや否や裏山に駆け上り、無事ではあったのだけれど、
母を失った父にとっての私の存在は、『負担』以外の何ものでもなかった。

 時々、酔っては母を殴る。

 そんな父が私も嫌いだったし、
これから先の二人きりでの生活を考えると、すごく、いやで怖かった。

 結局私は、漁師しか出来ない父と離れ、
札幌に住む母方の叔母の家に住む事になったの。

 ただ、叔母夫婦にも子供があり、
市営住宅での生活が決して裕福な環境とは言えない事は、
 子供の私の目にも明らかだった。

 だから、優しくされれば、される程、肩身の狭さを感じたわ。

『 早く、大人になりたい!。』

 いつも、そう思って暮らしていた。


1995年4月・・・・・・入学

 夏帆は小学校の体育館のパイプイスの上に座っていた。

 付添いで叔母が出席してくれてはいたが
札幌の桜の花芽はまだ堅く、遠くの山には残雪が見える。

・・・寂しい入学式であった。

 式のあと、教室に移ると机には名前を書いた紙が貼ってあり
『うさみかほ』の文字を探して座る。

 そのあと担任の先生の紹介があり、全員にいろいろな係が割り振られたが、
夏帆には「名前が似ている」との誰かの一言で、『うさぎ係』を任命された。

 まんざらでもない。

 友達のいない夏帆の遊び相手はいつも、野良猫や捨て犬ばかりで、
うさぎなどと云うめんこい呼び名の動物には触った事がなかったのである。

 やがて授業が終わり、掃除の時間になると
自分の担当区域のうさぎ小屋へと向かった。

 そこには既に上級生が整列しており、
「夏帆ちゃんは、うさぎを捕まえて籠に移してね」と命じられる。

 早速小屋に入り、こうして実際にうさぎを目の当たりにすると、結構と怖いではないか!
 うさぎと云う可愛い名前とは裏腹に、ブーブーと鼻を鳴らし
今にも噛み付かんとばかりに威嚇してくる凶暴なヤカラもいる。

 その親玉だろうか、中には夏帆の身長の半分もあろうかと云う様な大きな
おでぶうさぎも居て、うさぎ初体験の夏帆はどうしていいか分からない。

 小屋の中央に立ち尽くしたままで暫く先輩の行動を観察していると、
何となく要領をつかんだ様な気がしてきた。

 夏帆は、おとなしそうな小さめのうさぎを小屋の隅に追い詰めると、
両手で背中とお腹をそうっと優しく包み込む。

 「あったか~い」

  初体験は、とても気持ちが良かった。

 そして そのまま抱き上げて、うさぎの横腹に顔をうずめ 頬ずりをしてみると、
ふっくらとした毛の感触と地肌の温かさが、どうにもこうにも心地がいいではないですか。

 上級生の中には、耳をつかみ、
お尻に手を添えて籠に移している人もいるが、実にもったいない。

 こうしていると、心も身体も解き放たれ、ストレスがすべて消えてゆく~。

 あ~この感触、「快~感!」。

 あと少しでお尻の穴まで解き放たれ、おならが出そうになった夏帆は、

「ダメ!」と云う一言を発し、我に返った。

 みんなが見ている。

「それ、最後だから、早く籠に入れて」と責っ付かれ、渋々籠に移したが、やがてこの時の究極の感覚は、夏帆の脳裏の奥深くに焼き付き、生涯求め続けることとなるのである。



2004年3月・・・・・・卒業

 やがて、義務教育を終えると共に上京し、
お菓子屋さんの売り子として、就職。

 寮費や、まかないの費用を差し引くと、
決して十分なお給料ではなかったけれど、
 寮も木造で、共同便所で、お風呂は近くの銭湯で、
部屋も六畳一間、畳敷きだったけれど、
 誰にも気兼ねや遠慮のいらない自分だけの空間が、
私には天国、極楽、シャングリラでした。

 今の時代、中卒の私が就職出来ただけでも、御の字です。

 そして、入寮しているのは地方出身者ばかりなので、
さまざまな方言や
 ご当地グルメなどの情報が飛び交っており、
夏帆には目から鱗が剥げ落ちる様な新鮮な話ばかりでした。

 特に奈良県出身の杉本先輩の昔話は語り口が実に見事で、
まさに真にせまる迫力は、恐ろしくさえもあります。

「花札のシカの絵札の横には
赤いモミジの木が立っているでしょう。

 あれには、とても悲しい物語が隠されているのよ!。

 昔、室町時代の和州、大和の国では、
『鹿は春日の神の使いである。』と言われて
 人の命よりも大切に扱われていたの。

 鹿を殺せば、死刑と決まっていたらしいわ。

 ところが晩秋のある日のこと、
興福寺の小僧さんが縁側で写経をしていると
 春日山の鹿が寄ってきて習字の紙をむしゃむしゃと食べだした。

 当時、紙はとても貴重で値段も高価であった為、
驚いた小僧さんは咄嗟に鉄の文鎮を投げつけてしまったの。

 そうしたら運の悪い事に文鎮は頭に当たり、
鹿はその場で死んでしまったわ。

 直ちに興福寺を担当する南都奉行の配下の役人が駆け付けて来て、
小僧に縄を打ち、引き立てて行こうとしていたの。

 そこへ寺の僧侶から知らせを受け、あわてて飛んできた母親が
縄を持つ役人の腕にすがり付き、何度も、なんども
『犯人は私ですじゃ。息子を殺さんでくれ~!』
と泣き叫び、訴え出たが、聞き入れられる筈もなかったわ。

 その晩、縄を打たれたままの小僧は涙に濡れ
眠れない夜を過ごしていたの。

 それは悲嘆に暮れ、咽び泣く母の声が、
遠い闇を隔てて夜風にのり、
 牢屋敷内の小僧の耳へと届いていたからなのよ。

 そして母親は、あまりの悲しみの大きさに
ついには発狂してしまう。

 翌日、小僧は目を真っ赤に泣き腫らしたままの姿で、
鹿の死体を体に縛り付けられ境内に掘った穴の中に放り込まれると、
 石子詰めと云う小石で生き埋めにされる刑に処せられたの。

 頭の上から小石が、雨、あられと降り注ぐなか、
激しい痛みと苦しさのあまり
 小僧が両手を空に向かい突き出し、小石を掻き出そうとすると
忽ちに指先の爪は剥がれ落ち、血が噴き出してしまったわ。

 そのまま、ほんの数分で小僧は息絶えたそうな。

 それから夕刻になり、
気が狂れた母親がモミジの枝を振りながらやって来たの。

 くるくるっとモミジの実が、風に揺れ舞い、
そしてあちこちに散り落ちたわ。

 その時、『ふっ』と小僧の声が聞こえた様な気がした母親が振り向くと、
ななっ!何と、ジャリで埋まった穴の上には
 血で赤く染まった指先をぱっと広げた、小僧さんのモミジのような小さな手が2本、
生えとった。



2004年3月・・・・・・卒業②

 
 その後、興福寺境内には、モミジの木が増えはじめ
鹿にモミジの組み合わせが出来たと云う話です。

 時として人間は、本当に残酷なことをするものね!。」

 夏帆が思わず「小僧さん、可哀そう!」と涙していると

 杉本先輩は
「この話には続きがあってね、
その時不在だった門跡と呼ばれる興福寺の高僧は、後日この知らせを聞き、
 私が居れば助けてやれたやもしれぬと、悔やみ、哀れんだそうよ。

 そして、せめて供養の為にと 小僧の享年の数にあわせて
明けの七つ刻と暮れの六つ刻に 十三鐘を鳴らすようにしたんだって!
 今も興福寺境内に小僧さんの塚があるそうだから、
奈良に行った時には是非、お参りしてあげてね」と、締めくくった。

「あるそうだから」の七文字が気になった夏帆は
「奈良出身のあんたは行ってないんか~い。」と、ツッコミを入れたかったが、
 口八丁の『隣の部屋』の先輩のテンポに付いていけずに、タイミングを逃してしまっている。

 ・・話が大分反れてしまったが、
夏帆は肝心の仕事の方もそこそこ気に入っていました。

 デパ地下の売り場からの風景は、人、ひと、ヒト、また人ばかり、

 人間ウォッチング大好きの夏帆にとっての天職と云うやつでしょうか。

 島で生まれた夏帆の目に映る東京は、おしゃれで綺麗な人ばかり、
ファッションの多様さには驚くばかりです。




ページ5項目移動

 | BLOG TOP |  NEXT»»

アイモバイル 広 告
カウンタ-
カウンタ-A
アクセスカウンター
占いクレジットカード比較おっきくなぁれ 販売カラコン 黒
ブログの引越しなら、便利な FC2 へ
FC2 アフィリ 高収入
他社のブログも OK!
リ ン ク
高機能で高速の無料掲示板
見 放 題
FC2ライブ
楽天 お買得 商品
お得旅 情報 楽天
生 放 送
FC2ライブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。